TOPページへ

アメリカと日本

トランプがロシアと協調をはかる意義は、どこにあるのか?

2017年01月17日

トランプは次期大統領就任の直前、16日の英紙タイムズ(電子版)のインタビューに答えて、ロシアへの制裁解除と引き換えに核兵器の削減で合意できる可能性があると語った。

トランプは、なぜロシアとの協調を重視するのだろう?
単純に合理的な説明としては「選挙に際して、ロシアから支援を受けた」くらいしか思いつかないし、実際、「ロシアに弱みを握られている」という報道もあるが、トランプは「CIAが意図的に流したフェイクニュース」だと反論している。
ロシアの高官たちの発言からは「選挙の落とし前をつけろ」という主張を感じるが、これだけでどちらが正しいかの判断はつきかねる。
現実問題としてみれば、国際政治の力点は中東からアジアへ移っている状況の中で、中国・北朝鮮問題を優先するためにロシアと宥和を進めるのは、そう不自然な判断ではないように思う。

もうひとつ重要なのは、インタビューへの回答通り、「核兵器の削減」だろう。今アメリカの大統領になるということは、斜陽化した大企業の社長になるということである。必要なのはとにかくコスト削減だと、トランプは痛切に感じているに違いない。


ロシアにとっても、アメリカとの宥和は願ってもないことである。
ロシアの外貨稼ぎの2本柱は、エネルギー資源と武器の輸出である。しかし、中東における武器輸出の主要2国だったシリアとリビアのうち、リビアではカダフィ政権が倒れて、数年先まで決まっていた40億ドルの取引を失った。また、シェールオイル・シェールガスの登場により、石油と天然ガスの価格が下落してしまった。
さらに、ロシアはウクライナ紛争により世界各国から経済制裁を受け、三重苦の状態にあるが、アメリカと宥和が進めば、苦境は大きく打開される。

もうひとつ、ロシア南西部は中央アジアに位置し、そのいわゆる「柔らかい下腹部」ではイスラム原理主義者が跋扈している。ISはこの地域のイスラム教徒の間にシンパを増やして影響力を拡大しようとしている。国の不安定化や、下手すれば分裂につながる危険なものだ。

2011年に起きた「アラブの春」は、確かに「大衆国」の幻想に酔って支離滅裂な政治を行ってきたカダフィをはじめ、貧困な民衆の上にあぐらをかく各国の独裁者を追放し、民主化への期待を垣間見させるものだった。しかし、独裁者という強固なプレッシャーが除かれたことで、ISのような危険分子を解放するパンドラの箱ともなった。

アメリカとロシアがIS撲滅のために共闘すれば、シリアにおけるロシアの影響力の拡大を認めることになるが、「何がマシなのか?」という観点からは、それなりに解のひとつでもあろう。


少し余談的に過去の復習をする。
2014年2月〜3月、ロシアはウクライナ領のクリミア半島を占拠して併合した。これをもって、「ロシアは歴史上かかわりのあるクリミアという土地にこだわり、武力をもって強奪した」と捉えるのが、世界共通の認識だと思う。日本もG7の一国として、経済制裁に歩を合わせた。

しかし、私はちょっと違うのではないかと考えている。土地にこだわっていたら、こだわるべき土地はロシアの周囲の至るところにあり、国境中で併合作戦を始めなければならない。

そうではなく、単にウクライナがNATOへ参加するのを防ぐのが目的だったのではないか?
かつて東側のワルシャワ条約機構と西側のNATOは、互角に対峙していた。しかし、ソ連崩壊に伴ってワルシャワ条約機構が解体したのちもNATOはそのまま残り、ときには国連安保理決議を無視して軍事行動を起こしている。ロシアに肩入れをするわけではなく、公正な目で見て、これは明らかな約束違反である。さらに、東側だった国々の中にも、NATOへ参加する国が出てきている。
プーチンはそのことにいらだっており、ドミノ式にNATO参加国が増えるのを阻止しようとしたのではないか?


ロシアが現代の強国のひとつであることは間違いない。ドイツ内の難民問題をめぐる対立をあおってメルケル政権転覆を謀ったことなども報道されており、危険な国であることも相変わらずだ。
しかし、もはやアメリカやNATOに正面から対抗する力はないし、プーチンにはその自覚もある。ロシアの軍事行動は「限界のある軍事力でロシアの影響圏を維持しよう」というものに過ぎないし、その軍事力もチェチェン紛争では弱体化がはっきりと見てとれた。

中国の膨張を最も大きな問題と捉え、ロシアの件はいったん横に置こうというのが、トランプの考えなのだろう。この見方については、アメリカ政府内でも意見は分れるだろう。ソ連時代から最大の仮想敵国であった記憶が濃厚だし、今でも対立する分野は多いからだ。

それでも、中国・ロシア(ついでに北朝鮮)をいっぺんに相手にするより、ロシアを引き込んで中国に対抗するというトランプの考えは、現実路線として正論なのではないだろうか?

この記事が役に立ったら、シェアしてください。

著者 著者

【著者】
広沢 大之助

出版業界でおもに社会科の本の編集にかかわってきました。全国の中学校の授業で使う公民・地理・歴史の資料集や参考書、その他多くの書籍をつくっています。
「国民のための社会科」では、眼光紙背の精神で、政治経済・社会問題・産業などについて、くわしく、わかりやすく解説していきたいと思っています。
プロフィール

【アメリカと日本】

移民国家アメリカが移民を拒否したとき、何が起こるのか?

新興国中国と覇権国アメリカが衝突〜「トゥキディデスの罠」より危険なものは米中の取引

「世界政治の掃除人」となるのが使命の大統領、トランプ

「トランプ大統領」誕生を機に、立て直すべき日本の防衛

トランプがロシアと協調をはかる意義は、どこにあるのか?

トランプは賢いのか馬鹿なのか?ーISを創設したヒラリーとの闘いから読む

安倍首相によるトランプ氏の「大偵察」

アメリカは、なぜ銃社会なのか?

アメリカ大統領選は、なぜ1年以上も時間をかけるのか?

【最近の記事】

政治を「祭り事」というのは、なぜか? 歴史を遡り、その秘密を解く!

国が異常なまでに「辺野古移設」にこだわる死活的な意味とは何か?

北方領土についての、これ以上にない「正しい理解」

日本人はどこから来て、どこへ行くのか?ー天皇と神道の淵源を探る

参院選の「定数6増」は、実は野党に有利であることをわかっているか?

移民国家アメリカが移民を拒否したとき、何が起こるのか?

名こそ惜しけれ:責任感に欠けた世の中に求められる、関東武士の精神

北朝鮮の非核化は、ロシアにとって損か得か?

トランプは拉致問題の完全解決を狙っている〜では、日本の今後の対応は?

落ちこぼれから世紀の大品種へ〜コシヒカリの奇跡

新興国中国と覇権国アメリカが衝突〜「トゥキディデスの罠」より危険なものは米中の取引

憲法改正「合区解消」&参院選改革:対応策を洗いざらい整理して明確にしてみた。

中国がアメリカを抜く日は来ない〜習近平独裁政権の前に立ちはだかる苦難

「体制維持」にこだわる金正恩が、本当に怖れているものの正体とは?

Copyright © 「国民のための社会科」 All Rights Reserved.