TOPページへ

日本の政治・経済・社会

センター試験廃止による大学入試改革に、教育を変える力はあるか?

2015年06月09日

新大学入試とは、どのようなものか?

2020年度から、大学のセンター試験が廃止されて新しい試験が始まる。新大学入試ではセンター試験が廃止される代わりに新共通テストとして、科目ごとに理解度を測る「高等学校基礎学力テスト」と、知識がどれだけ身についているか、その知識をどう活用できるかを見る「大学入学希望者学力評価テスト」を行う。
「大学入学希望者学力評価テスト」では「点数」ではなく、「レベル」で成績が示される。「1級・準1級・2級…」とある英検をさらに小刻みにするようなイメージだ。
レベル制の採用によって1点刻みの競争がなくなる。また、センター試験だと当日に風邪を引いて落ちてしまう危険があるが、新共通テストは年に数回行われるので、そのときの調子や運ではなく、本当の実力が問われるようになると言う。

新しい「大学入学希望者学力評価テスト」では、数学や理科の問題を英文で解くような問題が出されたり、記述式の問題が出されたりして、今まで以上に思考力や応用力が重要になると予想されている。
また、英語については、「読む」「聞く」だけでなく、「書く」「話す」までできるようにすることが求められる。
そして、面接や小論文による「人物」の評価も重視される予定だ。

年に何回かテストを行うとなると、日頃からコンスタントな勉強が求められるようになるだろう。高校生の部活動には影響が出ることが予想される。
運動部の生徒の中には、3年の2学期から驚異的な追い上げで有名大学に合格する生徒も少なくないが、こうした集中突破型の生徒を受け入れる余地は減っていくだろう。
その辺は残念だが完璧なシステムはないのだから、betterと思われる方向を追求していくしかない。しかし、社会を変えるほどの力はあるだろうか?

日本の「上部・下部」の社会構造と不可分な教育改革

日本の教育現場では、上位の生徒の多くは受動的な姿勢で知識を詰め込む。こうした知識重視型の教育では、与えられた課題をこなすことはできても、自ら課題を見つけて解決する能力を持った人材や、独創的な人材は育ちにくい。
近年はICTを利用したアクティブラーニングや、ボックスチャートなどの思考ツールの活用も進んでいるが、しょせん学びとは自分の中から湧き出る興味を持って探求していくものであり、教育法の進化がそうした「目覚め」を促すかどうかはビミョーなところだと思う。
一方、下位の生徒はとことん勉強ができず、荒れ放題である。

過去の教育改革がことごとく失敗してきたのは、日本の社会構造と関係があるように思う。

平清盛以降、朝廷があり、武家政権があった。外国人から見れば二重政権であり、それが1000年近くも同居しているなど、理解しがたいだろう。
朝廷は上部にあり、武家政権は下部にあり、上下の構造になっていた。
この上下構造が、日本の社会の特徴である。

朝廷は今日の法律にあたる「律令」を発令し、武家政権はそれとは別の「式目」を定めた。式目は武家の習慣のようなものでのちに法律化していくが、律令は律令で機能し、式目は式目で機能するという状態が続いていった。
上部構造と下部構造は分離して、それぞれ機能するのである。

上部構造・下部構造 上部構造・下部構造 上部構造・下部構造

この上下の構造を受験にあてはめると、わかりやすい。

政府の政策は上部構造に、高校や予備校は下部構造にあたる。政府が教育改革を行っても、「いい大学に入った方が有利」という現実がある限り、下部構造である高校や予備校では変化に対応して、なるべく「いい大学」へ進むことをめざす。

結局は「現実」に対応する庶民

かつて、明治〜昭和初期にかけては大学受験もいいかげんで、試験官が面接で受験生の頭の程度を推し量り、点数が悪くても、素質がありそうならゲタをはかせて合格させることも多かった。
そこから歴史を動かす人材が多数輩出している。その時代を理想とする懐古的感情は多くの人の中にあると思うが、当時と現代では受験生の数が違う。膨大な受験生全員を面接するのは現実的ではないし、すべての面接官に「人を見る目」があるとは限らない。
下手な面接試験よりも、よく出来たペーパーテストの方が、公平に優秀な者を合格させられる可能性もある。
新しい受験体制になっても、大きく教育が変わることはない、というのが現実的な予測ではないだろうか?
さしあたりAO入試など、いろいろ工夫されてきた制度は残るであろうし、まあ、順応していくしかなかろう。

こう書いていくと身もフタもないが、実は私はそう悲観的には見ていない。その答えも、上部と下部の二層構造の中にある。

下部構造にいる庶民は現実主義者だ。どの企業も、人間の賢さや才能を大学の名前で測ることはできないことくらい、ちゃんと知っている。その証拠に就職の際には大学名もひとつの参考にするが、仕事をしていく中で、上の世代は下の世代の中から優秀な者を選んで引き継がせる。優秀な者を育てられない組織・選べない組織は、市場から退出していく。
新大学入試も「受け入れるしかないから合わせるが、本当はわかってるんだ」ということになっていくだろう。

G大学・L大学は、絶対にダメ!

最後にひとつ付け加えたい。教育についてはさまざまな議論が行われているが、高度なプロフェッショナルの育成をめざすG大学(グローバル大学)と地方を支える人材の育成を図るL大学(ローカル大学)に分けるのだけはやめた方がよい。
確かに少子高齢化が進行する中で大学進学が容易となり、下層の大学では教授たちが「小学校のようだ」と自嘲するほど低レベル化が進んでいるのは事実だろう。職業訓練的なプログラムは、何らかの形で取り入れた方がよいかもしれない。
しかし、G大学とL大学は、日本人を上下にきっかり2分してしまう。G大学を出た者はL大学を出たものを見下し、L大学を出た者はG大学を出た者に永遠のコンプレックスを抱くことになるだろう。
日本の社会を険悪にするので、これだけはやってはならない。

この記事が役に立ったら、シェアしてください。

著者 著者

【著者】
広沢 大之助

出版業界でおもに社会科の本の編集にかかわってきました。全国の中学校の授業で使う公民・地理・歴史の資料集や参考書、その他多くの書籍をつくっています。
「国民のための社会科」では、眼光紙背の精神で、政治経済・社会問題・産業などについて、くわしく、わかりやすく解説していきたいと思っています。
プロフィール

【日本の政治・経済・社会】

国が異常なまでに「辺野古移設」にこだわる死活的な意味とは何か?

参院選の「定数6増」は、実は野党に有利であることをわかっているか?

名こそ惜しけれ:責任感に欠けた世の中に求められる、関東武士の精神

憲法改正「合区解消」&参院選改革:対応策を洗いざらい整理して明確にしてみた。

森友学園問題とは、何だったのか? その核心に迫る。

東京三菱UFJ・みずほが店舗を大幅削減! ー銀行再編劇から見える資本主義の未来ー

リベラルを継ぐ者は、立憲民主党か希望の党か?

「日本国民はアジアの東、太平洋と日本海の波洗う美しい島々に」〜中曽根康弘元総理の日本国憲法前文を、ぜひ新憲法へ!

衆院選でついに日本最大の格差問題に手をつけるか、安倍政権!?

福田有恒の「1匹と99匹」から考える、左派の本質と改革

国際政治が面白いほど読み解けるマクロな視点から、日本と東アジアを3分で理解する

がんからの生還ー標準治療と高タンパク・高ビタミンの「ハイブリッド作戦」

岩盤規制入門:利権のために国民を犠牲にする権益団体や官僚たちとの戦い

安倍首相が稲田防衛大臣を守り続ける本当の理由とは?

総理が死んだら、誰が自衛隊を指揮するのか?

憲法9条の改正は、第3項の追加が現実的である

日本国憲法が一度も改正されたことがない本当の理由

【最近の記事】

政治を「祭り事」というのは、なぜか? 歴史を遡り、その秘密を解く!

国が異常なまでに「辺野古移設」にこだわる死活的な意味とは何か?

北方領土についての、これ以上にない「正しい理解」

日本人はどこから来て、どこへ行くのか?ー天皇と神道の淵源を探る

参院選の「定数6増」は、実は野党に有利であることをわかっているか?

移民国家アメリカが移民を拒否したとき、何が起こるのか?

名こそ惜しけれ:責任感に欠けた世の中に求められる、関東武士の精神

北朝鮮の非核化は、ロシアにとって損か得か?

トランプは拉致問題の完全解決を狙っている〜では、日本の今後の対応は?

落ちこぼれから世紀の大品種へ〜コシヒカリの奇跡

新興国中国と覇権国アメリカが衝突〜「トゥキディデスの罠」より危険なものは米中の取引

憲法改正「合区解消」&参院選改革:対応策を洗いざらい整理して明確にしてみた。

中国がアメリカを抜く日は来ない〜習近平独裁政権の前に立ちはだかる苦難

「体制維持」にこだわる金正恩が、本当に怖れているものの正体とは?

Copyright © 「国民のための社会科」 All Rights Reserved.